竹馬の友は笑いながら歌う

のめり込んでお喋りする子供と霧竹馬の友は笑いながら歌う

テレビのインタビュー等で、「カクテル」について聞かれたとしたら、アナタはなんと答える?「りんごジュース」って、人それぞれで考え方が違うなのかもしれない。

じめじめした水曜の深夜は座ったままで

旅に行きたくて思い焦がれていた土地、と言うのは真鶴岬だ。
それを知ったのは真鶴という題名の川上弘美さんの小説。
でもこれは、私の幼い感覚では、いまだに深い感心はできない。
でも、ストーリー中の真鶴の雰囲気が好きで、まだ見ぬ真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県熱海市と、神奈川県との境目にある真鶴半島。
先が真鶴岬。
岬の少し先、海上に頭を出しているのは、三ツ岩という大きな石3つ。
真ん中の岩の上には鳥居があって、海水が引くと歩いてたどり着ける。
思いかなって、実際のこの景色を見ることができた。
私の一眼の中身は真鶴がいっぱい。
宿の経営者さんにここに住みたいと話すと喜んでくれた。

湿気の多い週末の夕暮れに昔を懐かしむ
アンパンマンは、幼児に人気の番組なのに、しかしめちゃめちゃ暴力的だと思う。
話の最後は、アンパンチとばいきんまんをぼこぼこにして話を終わりにすることが非常に多いように見える。
幼児にもめちゃめちゃ悪影響だと私は思う。
ばいきんまんとかびるんるん達が、たいしてひどいことをしていないときでも殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんを見つけたら、やめろと怒鳴りながらもうこぶしを突き出している。
話を聞くわけでもなく問答無用だ。
話をするわけでもない。
ただ、ぶん殴って解決するから改善されず、毎回いっしょだ。
たぶん原作は違うのだろうけど、テレビ受けの内容にするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

薄暗い平日の朝にビールを

このところ、歴史小説を読み進めるのはわずかになったが、以前に北方謙三版の水滸伝に没頭し読んでいた。
過去に訳された水滸伝を見た時は、読みにくくて、心を奪われなかったが、水滸伝の北方版を精読したときは、魅了され、読み進めるのが止まらなかった。
会社の業務の休憩中や家に帰ってからの食事中、湯船の中でも読んで、1日一冊ずつ読みあさっていた。
登場キャラクターが人間味あふれていて、男気熱い登場キャラクターがとても多人数で、そんなところに心を奪われていた。

雨が降る仏滅の明け方に友人と
今年の夏は、海に入りに行っていないが、都合がつけばすごく行きたい。
今、娘が2歳になったばかりなので、海には入らせないで砂遊びぐらいなのに、たぶんおもしろがってくれるだろう。
ただ、子供は、オムツをはいているゆえに、子連れ以外の海水客の事を思ったら海に入れない方がいいかもしれない。
それ用のオムツもあるが、ニュースでも議論になっているらしいので。

雲が多い日曜の午後はお酒を

このライカの一眼レフは、実をいうと、海辺で見つけた。
当日、7月の終わりで、ちょうど半ばで、もちろん暑かった。
ミュージアムの前で、大好きな恋人と仲違いをしてしまい、もう口を利きたくないと言われてしまった。
立ち直ろうと、マンションからこの浜辺までスクーターでやってきて、波打ち際を散歩していた。
そこで、少し砂に埋もれたこの一眼レフに出会ったのだ。
持って帰って、重さに驚いて色々なフォトを撮影してみた。
一眼の所有者より、うまく撮れているかもしれない。
恋人の笑顔撮れたらなー、とか、思った以上にピント調節ってめんどくさいなー、とか一人で考えていた。
落ち着いて、なんとか会えたら、恋人に僕が悪かったと謝りたい。
そして、この一眼レフ、落とし主に届けよう。

寒い休日の午前は座ったままで
私の部屋は、クーラーも暖房器具もないようなところだ。
そのために、扇風機と冷たい緑茶を片手に勉強をする。
先日、扇風機をどかそうと思い、弱にしたまま持ってしまった。
その後、扇風機の回転が停止したので「え・・・?」と思い,よく見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、動きをストップさせているのは、まさに自分の小指だった。
手を放すと、また歯は元気に回転を始め、邪魔をしていたその指からは血が出てきた。
まったく痛みも感じる間もなかったが、しっかりしようと考えた。

薄暗い木曜の日没はお酒を

業務のために何枚かスーツに合うシャツを持っているけれど、大体決める時にたくさん試しに着てみる。
それだけ、かたちにこだわってしまうのも珍しいかと思っていた。
そんな時に、前回の仕事で、ワイシャツはオーダーでという方がいたので、ビックリした。
もちろん、シャツ一枚でカッコよく見えるからかな、と感じた。

夢中で大声を出すあなたと横殴りの雪
生まれた県が違うと食文化が異なることを結婚してからたいそう感じるようになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻から前に言われ、売っていたのかなと思ったら、ミキサーで作ることが普通らしい。
ミカンやパイナプルとその他もろもろと氷をいれこんで、ミルクを挿入して家庭用のミキサーでシェイクして出来上がり。
家庭でつくったものを飲んだのは初体験だけれど、めちゃめちゃ美味だった。
美味だったし、楽しみながら、自分でもやっている。

雨が降る水曜の夕方は昔を懐かしむ

せがまれて、密集した竹の伐採を助太刀してのだけれど、竹がとても密集していてひどかった。
山の持ち主が山の管理を親から引き継いで、大きな竹がひしめいていて、伐採しづらかったらしい。
自分は、仕事で用いる大きな竹が手に入れたかったので、もらえるとなり、ちょうど良かったが、急斜面の里山から運び出すのもひどかった。

気分良く自転車をこぐ先生と夕立
知佳子の自宅のベランダで育てられているトマトは、気の毒な運命かもしれない。
ぎりぎりまで水を与えなかったり、興味でお茶をあげたり、コンソメスープをプレゼントしてみたり。
酔っぱらった私と彼女に、ビールを与えられたこともあり。
トマトの親である友達は、機会があればぜひトマトジュースを飲ませたいという。
もはやトマトの心は全く関係ない。


先頭へ
Copyright (C) 2015 竹馬の友は笑いながら歌う All Rights Reserved.