竹馬の友は笑いながら歌う

雨が上がった土曜の深夜にひっそりと竹馬の友は笑いながら歌う

「弟子」のこと好き?嫌い?いろいろ感じ方があるかもわかんないけど、あながち悪いものではないよね、「デザイナー」って。そう感じたりしない?

ノリノリで吠える君と擦り切れたミサンガ

御盆が近くなって、とうろう流しなどの催しが近くで実行されている。
近所のイベント会場では、竹や木で制作されたとうろうが置かれていた。
付近の観光施設では、夜更けには電気の明かりはついてなくて、灯ろうの中の照明だけなのは、めっちゃきれいだった。
竹や木に囲まれて明かりがついていて、マイルドな灯りになっていた。
マイルドな灯火がそのあたりの樹々を煌々と照らしていてめっちゃきれいだった。

雹が降った水曜の午前に立ちっぱなしで
営業に行けば、一週間くらい泊まり込む場合もある。
非常に、頑張ってる感は持っているけれど、凄く気を張っているので、毎日2時間睡眠。
起床予定時間のかなり前に、眠いのに目が覚める習慣がある。
けれど、帰って来た時の達成感は大好き。
思いっきり遊んでいいことにしているし、寝るし、しっかり食事をとる。

凍えそうな月曜の夜に外へ

いつかの夜遅く、私は当時付き合っていた恋人と、東京のアパートからから一般道を利用し、サザンビーチに行った。
目的は、大好きな一眼レフで写真を撮ることだったけれど、思うように撮れない。
海岸は久しぶりだったから、しだいにヒールを脱いで海の中に入りはじめた。
それも飽きて、砂で棒崩しをしはじめた。
この時までは、絶対にそばに置いていたキャノンの一眼レフ。
思いっきり満喫して、帰り道の途中、スタンドで一眼レフが見当たらない事にびっくりした。
がっかりしてアパートまで帰るも、しばらく、すごく残念な思いをした記憶がある。
数多くの写真が入ったお気に入りの一眼レフ、現在はどの場所にあるんだろう?

どしゃ降りの木曜の昼はひっそりと
買い求めた裁縫するための布で、園にもう少しで行くわが子の袋を裁縫しなくてはならない。
私ではなく妻が縫うのだが、私もいやだというわけではないので、手間取っているようだったら手伝おうと考えている。
決まったものをしまうきんちゃく袋が園に入園するためにはいる。
ミシンも遅ればせながら届いた。
使用感も試してみようと思う。

ひんやりした月曜の明け方は想い出に浸る

行ったことはないけれど、真っ暗な動物園は、夜行性の動物が非常に勢いがあって見て楽しいらしい。
気になってはいても、夜の暗さの中での動物園は入園したことがないけれど、娘がもう少しだけ夜もおきていれるようになったら見てみようと妻と話している。
もう少しだけ楽しめるようになったら、必ず、子供も喜んでくれると思うから。
いつもの動物園と異質の気分を俺も興味があって体験してみたい。

陽の見えない週末の夕方は散歩を
今更ながら、中学から高校卒業まで、心から向学心を持って生活してこなかった。
他の生徒たちが集中して学習していても、私は課題で出された事をひたすら行うといった感じだったと思う。
それでも、専門学校に入学してから自分の興味のある分野の勉強が始まると、知識がどばっと頭に入るようになった。
それから、働き始め、研修期間の勉強を過ぎて本当の業務になると、今度は頑張って学習せざるを得なくなった。
楽しくないとか思う間もなく、ひたすら頭を使う数年が続いた。
勉強続きの期間をしばらく体験すると、ふと学生時代にしなかった学習をやり直したいと考えるようになった。
そして、同じことを思っている人が友人に何人もいる。

笑顔で跳ねる先生と履きつぶした靴

一昨日、料理の紹介で、マックのチキンナゲットの味を再現するレシピといって紹介していました。
大変似ていそうだと考えて、妻に作ってもらいましたが、マックのチキンナゲットの食感では決してないけれどおいしかったです。
皮がちょっと固かったのだけれど、中身は、チキンといえばチキンなんだから、私程度ぐらいではある程度の異なるところは何とも思わずすごくおいしかったです。

雪の降る祝日の早朝はカクテルを
ブームが去った今、ニンテンドーDSに依存している。
はじめは、英検対策に英語漬けや英語のゲームソフトを使用していたのみのことだった。
だけど、ヤマダ電機でゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も気になってしまい、気に入るとすぐに欲しくなってしまう。
戦国無双やマリオパーティー、桃太郎電鉄など。
変わったソフトで、トラベルシリーズもヒットしている。
例えば、待ち合わせなどの、ちょっとの時間にも活躍しそうだ。

のめり込んでダンスする姉ちゃんとぬるいビール

とある難しい仕事がやってきたとき「どうにかなる」などと思っていた社会人になりたての自分。
当時の私たち新米のみんなが「過ぎてしまったら大したことないよ」と無責任にとらえていた。
このタイミングで指導官の社員さんが口を切ったセリフが心に残っている。
「目標に向かって、十分に時間を費やしたからこそ、終わってから成功しただけの話。
よって、みんなのように簡単に構えていて、たまたま内容が簡単だったという意味ではありません。
終わってしまえば簡単だったと言う裏の意味は、その逆です。
甘く見ずにしっかり学び準備をしたからこそ、能力が業務内容を越えて、事がスムーズに進んだと言っているだけです。
全身全霊で仕事をする気になれましたか?
甘く見ないで頑張りましょう。」
との事。
この言葉があってから、新入社員一同必死に取り組みなんとか仕事をすることができた。

息もつかさず叫ぶあの人と俺
切り絵や写真など芸術観賞が好きだし、絵も描けるのに、ものすごく写真が下手だ。
しかし、前、機嫌よく、ライカの一眼を宝物にしていた時期もあって、絶対に持ち歩いたりした。
ビックリするくらいレンズが合わないし、ユニークな配置なので、カメラがガッカリしているようだった。
それでも、カメラや現像はやっぱりかっこいいと思う!


先頭へ
Copyright (C) 2015 竹馬の友は笑いながら歌う All Rights Reserved.